「ワークの眼、科学的合理、使い易さ」 FA & SCMソリューションプロバイダー

【FAシステム開発】自動車部品や精密部品の製造に活用できる知識とは

FAシステム開発は幅広い業界の未来につながる!FAシステムの基礎知識について

FAシステム開発は、自動車部品や精密部品の生産工程に必要不可欠な存在です。従来、人の目と手で行ってきた複雑な工程も、FAシステムの導入により効率的かつ安全に行うことが可能です。

こちらでは、FAシステム開発の可能性や概要について解説いたします。

自動車業界におけるFAシステム開発の可能性

手前に赤い車が止まっている駐車場

自動車の生産現場において、FAシステムは欠かせません。自動車の生産には以前より産業用ロボットが導入されており、溶接や組立といった生産工程は既にFAシステムで自動化されています。

技術開発とともにFAシステムは進化し、近年では検査工程の効率化や不良品検査といった工程も、FAシステムにより行われているのです。また、品質管理や在庫管理といった幅広い分野でも活用されており、自動車業界にとってFAシステムは欠かせない重要な存在となっています。

近年、自動車は高性能化が進んでおり、それに伴い自動車の構成部品点数は増加傾向にあります。また、高水準の安全品質をクリアするために様々な検査が必要なため、時間と手間、人的コストが増えているのです。

この問題をクリアするのがFAシステムです。部品の製造から組立、整備や点検といった複雑な工程まで、FAシステムでカバーできるかどうかが今後の課題となっています。

現在、FAシステムは自動車のドアの品種、形式の判別や車体の組立を行う際の位置決め、タイヤのトレッド形状の測定といった工程に使われています。複雑な形状や工程においても、FAシステムを活用すれば自動化が可能で、高品質な仕上がりになるのです。

日本の人口の減少により、自動車業界に限らず多くの業界で人手不足が懸念されていますが、FAシステムの導入により人手不足の解消・生産性の向上につながります。

市場の拡大と需要の増加に伴い、FAシステムは今後もさらに普及していくことでしょう。

FAとは?どのようなことをするもの?

クエスチョンマークを持っている人

FAとは、生産工程の自動化システムを指します。機械の電動化や工作機器にICが組み込まれるなど、産業の自動化が活発になっていった1950年代に出始めた言葉です。本来は産業用ロボットの導入を指す言葉でしたが、自動化の範囲が拡大するのに伴い、近年では幅広い場面で使われるようになりました。

FAの中で最も重要とされているのが、人間でいう目にあたるセンサー部分です。従来は人間が目で見て行っていた工程も、高品質なセンサーにより自動的に判断し、ロボットを制御して様々な作業を行っています。各種センサーで判別した情報を統合し制御することで、生産性の向上とコスト抑制、そして品質の安定化につながるのです。

FAは物理的な面とシステム的な面の2つに分けられます。

物理的なFAが果たす役割は、機械部品をFA用パーツとして活用し、人間が手作業で行う工程をサポートしたり、手作業を自動化したりすることです。手のひらサイズから人間の背丈を超えるサイズまで様々なFAがあり、求められる役割も多岐にわたります。

システム的なFAは、機械が手順を考えて自動的にプログラムを作るといったものです。システム面で自動化されることにより、手動でプログラムの入力をする手間が省けます。FAを活用することで、時間や人的コストの抑制、生産性の向上など様々な効果が期待できるでしょう。

このように、FAと一言でまとめてもその役割は多岐にわたり、様々な業界と現場で活用されているのです。簡単な手作業のアシストから複雑な工程の自動化まで、FAは現代社会において欠かせない重要な存在となっています。

三和システムエンジニアリング株式会社では、実際に現場で取り扱う方に安心してお使いいただけるよう、よりよい品質のシステム開発に取り組んでおります。

自動車部品や精密部品のFAシステム開発は三和システムエンジニアリング株式会社

FAの役割は幅広く多岐にわたります。しかしながら、求められる役割は工程や現場によって異なるため、量産販売がされていません。そのため、技術者やメーカーが目的やシーンに合わせて独自で設計し、開発・製造する必要があるのです。自社でシステム開発をするのが難しいという場合、専門の企業に依頼することをおすすめします。

三和システムエンジニアリング株式会社では、お客様目線で現場に適したシステム開発を行っております。半導体や機械工具、物流システムなど、幅広い分野で実績を培ってきました。三和システムエンジニアリング株式会社が誇る確かな技術力で、複雑化と高度化が進む現場のご要望にお応えいたします。

FAシステム開発でお悩みの方は、お気軽にお問い合わせください。

電子部品工場などのFAシステムの開発・設計に関するコラム

FAシステムで自動車部品の開発・製造したい方は三和システムエンジニアリング株式会社へ

会社名 三和システムエンジニアリング株式会社
代表取締役 吉岡寿夫
設立 1947年 (昭和22年) 9月 9日
資本金 2,000万円
本社住所 〒105-0011 東京都港区芝公園1丁目2−17 芝公園シティハイツ 507
TEL 03-6432-0173
FAX 03-6432-0174
住所:座間事業所 〒252-0003 神奈川県座間市ひばりが丘5丁目31−4
TEL 046-204-6661
FAX 046-204-6618
役員 代表取締役 吉岡寿夫
専務取締役 吉岡岳志
取締役 吉岡洋志
事業内容
  • FAシステムおよび機器の開発・設計・製作
  • SCMシステムおよび機器の開発・設計・製作・請負
  • 精密部品の受託加工および設計・製作
  • 保守・メンテサービス
取引銀行 三菱UFJ銀行、みずほ銀行、城南信用金庫
従業員数 9人
URL https://sanwa-se.co.jp/
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.